withコロナと睦沢町

今年はこの話題が尽きません。日本全国どころか、世界中でパンデミック。当サイトもコロナ寄りの話がどうしても多くなっております。

むつざわ交流会の今

昨年実施していたむつざわ交流会などのイベントはひとまず延期。非常事態宣言解除後、実施できる機会が来るかもと様子を見ていましたが、千葉県の感染者数も横ばいですし、クラスターも発生していたりとまだまだ予断を許さない状況ですので、オンラインイベントへの切り替えを検討しています。

せっかくのオンラインイベントならば、町外の方も気軽に参加していただけるイベントにしたいなと、企画を練っているところ。最近の睦沢町の様子や、移住定住のこと、仕事のことを、ディスカッションやワークショップを通してお伝えしたい。

相変わらずの睦沢町ですので、地に足のついた移住者・定住者から、withコロナに負けない取り組みや生活ぶりを聞けたら面白いなと思っております。等身大の移住者の姿を見ていただきたいなと。

睦沢町独自の取り組み

さて、千葉県内でも小さい町のほうである睦沢町ですが、コロナの影響を受けている事業者や住民に対して、町独自の取り組みも実施されています。正直なところ、東京や都心部のような補助はないかなと思っていたのですが、まったくそんなことはありませんでした。

移住・定住先を選ぶ際に、都道府県や市区町村がどのような取り組みをしているかどうかは、きちんと調べておくべきところだと思っています。住みやすさに直結するからです。ただ、金額の大小など、数値だけで比べてしまってはわからない部分もあります。小さな町なのに頑張ってるなとか、取り組みが早かったとか、公平性があるかなど、多角的に判断するべきかなと思います。できれば、やはり町の人から直接話しを聞くのがよいですね。役場に足を運んでいただくのもよいと思います。

これからのむつざわ交流会

そういう意味でも、むつざわ交流会は、住民と移住者と(これから移住した人も含む)をつなぐ場になってほしいと思うところ。実際に会うことができなくても、オンラインで全国繋がれる今の環境を生かした取り組みを行っていく所存です。

移住定住のご相談

まずは、睦沢町役場でご相談ください。

都心部とは違い、役場と住民との距離が近く、親身になって相談に乗ってくれると評判です。

睦沢町役場 まちづくり課 政策班
TEL:0475-44-2501

メールでのお問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA