移住せんぱい(睦沢町へ移住した方)に聞いた「移住あるある話」を公開!
今までとは違う暮らしにワクワクしたり戸惑ったりしながら、田舎暮らしを楽しんでいます!

●移住前に知りたいこと

睦沢町が気に入りましたが、移住について相談するところがわかりません。
睦沢町には移住相談センターのようなところがありません。移住についての相談は、役場まちづくり課へお越しいただくか、お問い合わせフォームからお問い合わせください。小さな町では役場がとても身近な存在です。役場の方も親身になって相談に乗ってくれますのでご安心ください。
移住体験するところはありますか?
残念ながらそういった施設は今の所ありません。お試し移住ができればという声が多く寄せられており、町も状況は把握しています。睦沢町は賃貸住宅が少ないのが現状ですが、スマートウェルネスタウンに地域優良賃貸住宅が完成するなど、少しずつ変わってきています。
土地を見つけたら家を建ててすぐに住めますか?
住宅地ならライフラインが来ているかもしれませんが、もともと農地や山林だったところは自分たちでライフラインを引いてくる必要があるかもしれません。
移住するにあたって補助金などはありますか?
はい、あります。睦沢町 移住定住促進の取り組みをご覧ください。
仕事はありますか?
睦沢町内で仕事を探すのは難しいかもしれませんが、JR外房線の上総一ノ宮駅か茂原駅が近く、電車で千葉市や東京へ通うこともできます。お隣の一宮町には、平日は都会で仕事をし週末はサーフィン三昧!という方がたくさんいます。睦沢町でも同じような生活が実現できますよ。

●引っ越し

引っ越したときに隣人に挨拶に行きましたか?
両隣だけでいいのか、地区の全員に挨拶に行ったほうがいいのか気になるところですね。まずは自分の地区の自治会長さんのところへ挨拶に行き、どこへ挨拶に行けばよいか聞いてみたという方もいます。移住者の方は少なくとも両隣には挨拶に行っているようです。

●地域の暮らし

自治会や組・班って何ですか?
都会のマンションの組合のようなものですが、都会と違って田舎では何でも自分たちでやらなければならないところがあります。同じ地域に住む人達が助け合っていく必要があり、自治会や組・班などが組織されています。
自治会って入らなければダメですか?
田舎暮らしの良さは、隣近所の方の顔が見えて、良くも悪くもおせっかいを焼いてくれて、みんながみんなを助け合っているところ。自治会に入らずに全てのことを自分で行っている方もいますが、都会と違って不便なことも多く、一人で生活するのは実際のところ大変です。また、移住者のほとんどの方が自治会に加入し、地域と関わりを持ちながら暮らしを楽しんでいます。
区費が高いと聞きました
地区によって違いがあるようです。少なくとも区費はお支払いしておくのが無難という意見が移住者から多く寄せられました。
草刈りや飲み会などに参加しなければならないと聞きました
暖かくなるとものすごい勢いで生えてくる雑草は、そのまま放って置くと道路を塞いでしまったり、ゴミを捨てられたり、景観を損ねたりと、とてもやっかいなものです。田舎に行けば行くほど自然が多く、比例して雑草もたくさん! 地域の安全を守るために草刈りは必須の作業です。草刈りの頻度は自治会ごとに異なるので、移住後は自治会や班の方に聞いてみるとよいでしょう。夏の作業は体力がいるかもしれません。

飲み会かどうかはわかりませんが、元旦から地区の住民が集まることもあるようです! 元旦からというのはびっくりですが、こういった集まりに積極的に参加して、住民の方と仲良くなり、地域で上手に暮らしている方がほとんどです。少し面倒かもしれないけど、いざというときに味方になってくれるのは遠い親戚より近くの他人だったりします(ほんとうに!)。懐に入ってしまうと地域の皆さんは強い味方になってくれますから、無理のない範囲で交流していくのがおすすめです。
近隣の方とトラブルになることってあるのでしょうか?
地域の慣習に不満がある方もいるようですが、許容できる範囲なのか、不満あれど上手に渡り合っている方が多い印象です。小さな意見の食い違いなどあるかもしれませんが、皆さん大人の対応をしているようです。気になることがあったら、町や地区には長い歴史があることを忘れずに地域の方の意見を尊重しつつ、少しずつ交渉してくのが良いでしょう。すぐに変えようとするのではなく、しっかりと対話を重ねていく努力が必要です。
いつまでもよそ者扱いなのでしょうか?
正直なところ、ずっとよそ者扱いだと思います。特に結婚して嫁いできた女性の方が強く感じているようです。そこは覚悟が必要かもしれませんが、皆さんそれでも楽しく過ごしていらっしゃいます。何かコツがあるのかもしれません。

●地域の子どもたち

子供会ってなんですか?
地域ごとに組織している子供のためのコミュニティ活動です。季節ごとの行事や社会活動・文化活動を行っています。ただ、近年は子供会がない地域も多いようです。
学校が遠い場合、どうやって行くのでしょうか?
睦沢町の小学生はスクールバスで通っています。遠いところに住んでいても安全に学校まで行けることがメリットですが、歩いて帰る楽しみがないという声も聞こえます。睦沢町には高校がありませんので、お子さんが高校生になると送迎が大変というご家庭もあります。
子どもが遊ぶような公園はありますか?
睦沢町総合運動場に遊具が少しありますが、子どもがたくさん集まって遊んでいるところは少ないです。ただ、週末になれば睦沢町や近隣の市区町村でマルシェやイベントが開かれていたり、お子さんが遊べる工夫をしているところもありますので、積極的に探せば居心地の良いところが見つかるかもしれません。
子育て環境はぶっちゃけどうですか?
遊ぶところが少ない/整備されていない、ご近所に同じ年頃の子供がいない、高校生くらいになると送迎だけでも一苦労などの声が聞こえてきますが、睦沢町はスポーツが盛んで、町の総合運動場で行われているサークルに足を運ぶ子供も多いようです。また、お庭が広いお宅が多いようで、お庭が遊び場という声も聞こえます。
遊ぶところがあってもゲームばかりしている子もいれば、自分がいる環境で工夫して遊ぶ子もいるようです。

●移住してから気づいたこと

移住してから困っていること、気になることは何ですか?
田舎暮らしでびっくりしたこと、気になることをダイジェストでお伝えします!

●どこへ行くにも車です。今はいいですが、自分が高齢になったときが心配です。。
→睦沢町では、車の運転ができなくなった方の移動手段について、意見交換を始めています。

●夜が真っ暗で最初はびっくりしました。。でも、いつの間にか慣れました!今は静かな夜が気に入ってます。

●夏は虫が多いのが難点です。。が、子どもたちが虫かご片手に楽しんでいるので良しとします!

参考)くらしの足を考えるまちづくりワークショップ

移住定住のご相談

まずは、睦沢町役場でご相談ください。

都心部とは違い、役場と住民との距離が近く、親身になって相談に乗ってくれると評判です。

睦沢町役場 まちづくり課 政策班
TEL:0475-44-2501

メールでのお問い合わせはこちら