むつざわだより

未来ラボメンバーが、むつざわで見つけた
面白いもの、楽しいことをお届けします。

睦沢町の子育て支援「女性のヨガ教室」

睦沢町の子育て支援「女性のヨガ教室」

こんにちは!若菜ひろみです。

前回の取材では、睦沢町には様々な子育て支援があり、気軽に相談できる機会も多く、子育て世代にもやさしい町だということを再認識できました。

前回の取材後、お子さんの成長にあわせてどのような支援があるのかを分かりやすくまとめた子育て・教育支援カレンダー(下図)を作りました。印刷物は役場やこども園で配布していますので、窓口にお声かけください。

※クリックすると拡大表示します。

* * *

今回は、主に妊娠中のサポートとして開催されている「女性のヨガ教室」の様子をお届けします。

講座の対象は、妊娠中の方、産後1年以内の方。その他にもこの講座に参加ご希望の方は参加できるそうで、産後2年半の私も参加させていただきました。
会場に入ったら、保健師さんがあたたかく迎えてくださり「何を飲みますか?」と、好きな飲み物を用意してくださいます。

9:30〜10:00は、妊婦さんの時間。
自己紹介からはじまり、テキストをもとに栄養士さん・保健師さんからの講話と続きます。
資料もこんなにたくさん!!

参加者のみなさんからの質問にも、ひとつずつ丁寧に答えてくださいます。4人のお子さんを育ててらっしゃる保健師の石丸さんからは、妊娠中の食事からイヤイヤ期のお子さんについてなど、ご参加者に寄り添ったアドバイスもありました。

こちらの講座、参加するにあたって宿題(!)もあります。それは、講座参加前の食事記録を記入するというもの。教室参加の際にお持ちいただくと、後日保健師さんがチェックしてくださり、アドバイス入りのものがご自宅に郵送されるそうです。何て手厚いのでしょう!!

10:00になると、お子さん連れの方が続々といらして、交流されていました。
次は、ヨガ教室の時間です。

講師をされている先生は、とむら助産院の戸村恵理先生。
年間100回位、自治体やクリニック等で講座をされているそうです。

今回のご参加者は、妊婦さんが2名、産後女性が5名ということで、妊婦さんでも取り組める内容でした。
自律神経を整える呼吸法、腰痛の原因についてのお話と体操、産後の生活や過ごし方等のお話がありました。

約1時間のヨガ教室中は、保健師さんたちがお子さんを見ていてくださいます。

ヨガが終わると、お楽しみティータイムの時間。
今回は、保健栄養推進員の方が作られた「大豆のクリーム煮」。シチューのもとを使わなくてもできて、脂質も抑えられる、妊産婦さんにおすすめのメニューで、とってもおいしく体が温まりました。メニュー表もいただけるので、家ですぐ作れます!

これまでには、芋餅、葛餅などのお菓子メニューもあったそうです。毎回メニューが違うのも楽しみのひとつですね!

ティータイム後、11:30に解散。
2時間びっしり、内容の濃い講習でした。

* * *

参加された方からは・・
・何度か参加している。子どもを見てもらいながら自分の運動もできるので嬉しい。
・広いお部屋で子どもを遊ばせてもらいながら参加できるのでありがたい。
・自分の時間を持つために参加している。
という声がありました。

教室タイトルは「女性の健康ヨガ教室」という名前ですが、栄養指導、子育ての相談、自分の体のケア、と盛りだくさんの内容でした。ほとんどの方がリピーターだったのも納得☆
ぜひ一度、足を運んでみてください!!

次回も、引き続き子育て支援の現場の様子をお届けしたいと思います!

hiromi WAKANA

hiromi WAKANA
職業:産後セルフケア・インストラクター

千葉県睦沢町出身。ヤマハ音楽教室システム講師を経て、2002年に睦沢町に音楽教室を開講。子どもから大人までが向上心を持ち、毎日を楽しんで生きていけたら…というおもいを込めて、学びの場を提供しています。結婚を機にNPOマドレボニータと出会い、出産前からの産後ケア周知を目指して、千葉県で普及活動をしています。