むつざわだより

未来ラボメンバーが、むつざわで見つけた
面白いもの、楽しいことをお届けします。

睦沢町に世界チャンプがやってきた!

睦沢町に世界チャンプがやってきた!

千葉県生まれ・在住の福田恭巳(ゆきみ)さんは、2010年に本格的にスラックラインを始めて、2013年に世界ランキング1位に。現在はプロとして活躍されています。2/25(日)睦沢町に来られて、華麗な技の披露と、体験会での指導をしてくださいました。

スラックラインは、5cm程度幅のラインの上を歩き、飛び跳ねる等の技を競い合うスポーツ。自転車と同じで、練習すればできるようになり、「できるようになると簡単に楽しめる」とか。バランス・体幹が鍛えられるので、他競技のトップアスリートがトレーニングに活用する例が増えています。

福田さんは、1992年生まれの25歳。スポーツクライミングをしていた高校3年の時にスラックラインに出会ったそうです。小中学時代はジャズダンスをしていたため、培われた身体の柔らかさがスラックラインに活かされています。

福田さんの小学5年の妹さんは、月1回、2年間練習を続けて、全国大会に3回出場しました。また、スラックラインにはシニアクラスもあり、30・40代で大会に出る人が大勢いるそうです。2013年に日本ランキング1位になった草刈宏之さんは、アラフォーの星と言われています。

寒い日にもかかわらず、90名程の参加があり、パフォーマンスを見たり、思い思いに体験したりしました。丁寧な指導により、「やってみて楽しかった!」という声を多くいただきました。「どこで練習できるの?」との質問や、「またやってほしい」という要望もありました。

【問い合わせ】 MSG実行委員会 mutsuzawa.msg@gmail.com
睦沢町役場まちづくり課 政策班 0475-44-2501

文と写真:MSG実行委員会