むつざわだより

未来ラボメンバーが、むつざわで見つけた
面白いもの、楽しいことをお届けします。

睦沢町の地域愛着と情報発信

睦沢町の地域愛着と情報発信

先日、未来ラボあてに東京在住の大学生から睦沢町の地域愛着や情報発信についてお話しを聞きたいとの連絡が入りました。
よくよく聞くと「地域愛について調べていたら、千葉県睦沢町は周辺地域に比べて住民の満足度が高い、というデータがありまして。名前を聞いたことがない町だったのでネットで調べてみたら、ウェブサイトなどに力を入れていることが分かり、興味を持ったので連絡をしました」とのこと!

知名度が低い睦沢町を、多くの人に知ってもらおうと活動している私たちですから、その気持ちが嬉しく、ぜひ町へ来ていただきたい!とお返事し、町をご案内することになりました。

* * *


当日は、道の駅を視察してから、むつざわヤギ牧場さんへ。
軽トラに乗るのも、ヤギを抱っこするのも、初めての体験だということで、飼育担当の熊本さんから抱っこの仕方を教わり、ヤギハグ体験。
ちょっと緊張気味の手つきですが、お顔はとても楽しそう!

次は、未来ラボ主催の収穫体験でもお世話になっている吉野さんの畑へ。
吉野さんと一緒に、採りたての野菜やお花(エディブルフラワー)を混ぜ合わせてサラダにしたり、葉っぱの上におかずを盛りつけたり、吉野さんならではのおもてなしで、学生も感激していました。
ふかした「むかご」、はやとうりの酢の物、紅芯大根のお漬け物、栗と古代米のおにぎり、里芋にゆず味噌…旬のものを、里山の景色をみながらいただく。貴重な体験になったのではないでしょうか。

* * *

最後は、
「むつざわについて語ろう」〜睦沢町の地域密着や地域広報について〜
と題して、座談会を開催しました。

睦沢生まれの方々、睦沢に移住してきた方々など、13名に参加いただき、睦沢町民のくらしや地域愛、地域活性のための活動や情報発信についてざっくばらんにお話をしました。

話したテーマは、
◆睦沢町の好きなところ
◆移住先として睦沢を選んだ理由
◆暮らしに関する満足度
◆課題
◆知名度を上げるためにしていること
です。

座談会でのご意見を紹介すると、

【好きなところ】
・自然豊か
・星が綺麗
・良い意味で何もない
・優しい人が多い
・こだわりのある素敵なお店が増えてきた

【移住先として睦沢を選んだ理由】
・自然豊か
・人が優しい
・良い意味で放っておいてくれる
・地球環境に配慮した町づくりをしている
・偶然不動産屋に紹介された

【暮らしに関する満足度、魅力】
・最寄駅から都内に通勤ができる利便性(始発駅なので寝ながら通勤できる!)
・コロナ禍でも子どもが庭や山で遊ぶなど、ストレス発散ができた
・自然豊かで、山菜などが豊富にある
・太平洋側では最南端のサケが遡上する川(瑞沢川)をもつ
・子どもの人数が少ないこともあり、学校が柔軟な対応をしてくれる
・町民の意見を役場が聞きながら、協力して町づくりができてきている

【課題】
・高齢化、少子化で人口減少が危惧される中で、町の良さを守ったまま、移住者を増やしたり町が発展していくために何ができるか
・高齢化に伴い、どんなかたちで町の方々の生活をサポートしていけるか
・睦沢町の素晴らしいところを、(町民をふくめて)もっと多くの人に知ってもらうために何ができるか

【知名度を上げるためにしていること】
・「むつざわに来てね」をはじめ、町のことを発信するウェブサイトを通して、睦沢の良さを内外に発信している
・テレビや新聞など様々なメディアで「サケ回帰南限の町・睦沢」をPRしている
・世界で唯一、土に還る革製品を製作・販売

以上は一部ではありますが、約2時間の座談会を通して様々な意見がでました。

皆さんのお話を聞きながら、「もっとこうしたい、こうなったらいい」と主体的な意見交換が活発になされたことが印象的でした。

また、立場が違ってもお互いの意見に素直に耳を傾けたり、住民の意見にも役場が耳を傾けてくれたからこそ、今のように町民と役場が良いかたちで協力しながら、さまざまな活動をすすめていけているのだと思います。

「睦沢の良さはじわーっと伝わっていく」と話してくれた方がいましたが、いっときの盛り上がりではなく、しみじみとした味わいがある場所だからこそ、愛着を感じたり何度も訪れたくなったり、住む場所として選ぶ人がいるのかもしれません。

睦沢がそうであるように、人口減少は多くの市町村で避けて通れない問題ですし、その他にも乗り越えていく必要のある課題はあります。そのなかで今できることに取り組んで、住んでいる人にも訪れる人にとってもより良い町になっていくことができたらと思います。

今回このような座談会の機会をもらえたことで睦沢について話���合い、様々な考えに触れることができたのは大きな収穫でした。

今回睦沢町を調査したいと連絡をくれた大学生に感謝です。
またぜひいつでも睦沢に遊びに来てくださいね。

(※開催にあたり、新型コロナ対策として手指消毒、体温計測、換気を徹底した上で行いました)

前半(町内視察):小林/後半(座談会):遠藤

kaori KOBAYASHI

kaori KOBAYASHI
職業:マーケティングストラテジスト(東京)/カフェ経営(睦沢)

東京都出身。睦沢町大谷木にある「里山カフェ&ゲストハウス sou」オーナー。むつざわプロモーションプロジェクト代表。週末は睦沢でカフェを営業しながら自然と寄り添う生活を、平日はデジタ���な仕事をテレワークでこなす二地域居住を実践しています。


yumiko ENDO

yumiko ENDO
職業:パーソナルコーチ/学校・企業研修講師

千葉県睦沢町出身。「自分で自分を幸せにすることは世界への貢献」を軸に、クライアントさんが自分自身を慈しみ、やりたいことを思う存分に実現していくことをサポートしています。