むつざわだより

未来ラボメンバーが、むつざわで見つけた
面白いもの、楽しいことをお届けします。

つながるイベント630

つながるイベント630

上市場にある、むつざわ福祉交流センターで開催された「つながるイベント630」に参加しました。このイベントは、地域支え合い活動をしているNPO法人やボランティア団体などが、日頃の活動を互いに紹介し合い、今後は「つながって」共に助け合って活動していこうというもの。社会福祉法人睦沢町社会福祉協議会(通称:社協「しゃきょう」)が主催しています。

今回イベントに参加したのは、福祉施設などの事業所が23社、ボランティアなどが21団体。その中で、当日ブースを設けていたのが、20の事業所や団体です。

午前中は、いくつかのNPOや団体の紹介ブースを回ってお話を伺いました。

ふれあい食卓便

睦沢町のマスコットキャラクター「うめ丸くん」が、描かれた移動販売車で、買い物に出にくい高齢者の方などを対象に、生鮮食品や惣菜、日用品等を販売しています。
営業:週2回(火曜日、金曜日)、「リカーショップふるやま」と「魚や」の2店が運営。
問合わせ:0475-44-0031 (電話受付時間:9:00〜19:00)リカーショップふるやま

訪問マッサージとうじゅう

身体が不自由などを理由に、病院に通えない方を対象に、健康保険が使える訪問マッサージが受けられます。あん摩、マッサージ、指圧師の国家資格を持った専門家が訪問します。
営業:月曜〜木曜日 12:00〜19:00
問合わせ:070-4531-1010(電話受付:月曜〜木曜日10:00〜19:00)
笑顔が素敵な、食卓便の古山さん。訪問マッサージ、とうじゅうも運営しています。

* * *

介護老人保健施設 睦沢の里

「笑顔あふれるみんなの里」をキャッチフレーズに、スタッフも利用者様も笑顔になれる、そんな施設作りを目指しています。入所定員は100名(短期5名含む)。現在、空きがありますのでお気軽にご相談ください。
問合わせ:0475-44-1222
ホームページ:www.mutsuzawanosato.jp
施設スタッフの皆さん。手前に写っているのは、施設利用者が、ペーパークラフトで作ったカゴを販売。

* * *

介護タクシー瑞江サポートサービス

介護タクシーで、お出かけのお手伝いをサポート。運賃は普通車タクシーと同じです。病院への通院や買い物だけでなく、観光や行楽などの外出もサポート。女性ドライバーだから、安心です。
営業:8:00〜18:00
問合わせ:090-8772-3922
介護美容の資格もお持ちの代表の海老根さん。

* * *

上市場こぢゃ倶楽部

住民が集う交流拠点として住民のみなさんと「こぢゃ(お茶)」できる交流スペース。県道沿いの魚勝さんの建物を利用しています。
問合わせ:050-3101-0671
ホームページ:kodya.club
詳しくは、過去のレポート 
むつざわだより:いろんな使い方ができる「上市場こぢゃ倶楽部」

この日は、「歌の広場」を開催。飲み物も無料サービス。

* * *

一宮川に鮭の稚魚を放流する会

自然環境を守り、故郷に誇りを持ってもらいたいと始めた活動。鮭の受精卵を孵化させ、育った稚魚を3月初旬に一川橋下で放流。鮭の遡上を観察します。卵から孵化まで育ててくれる方を募集しています。
問合わせ:0475-44-2289 (電話受付:8:30〜松本)
詳しくは、過去のレポート 
むつざわだより:「鮭の稚魚放流」がテレビで紹介されます
サケの遡上が確認されました
サケの稚魚を放流しました!
「鮭の稚魚放流会」に行ってきました!
サケの遡上の季節がやってきました
瑞沢川で今年もサケが遡上
サケの卵を稚魚に育ててみませんか?
ササケの稚魚すくすく育ってます!!
会の代表の松本さん。まっ白い広場の運営にも参加しています。

* * *

日本赤十字社睦沢町地域奉仕団

防災啓発活動や災害時の炊き出し、地域奉仕でイベントや研修会などへの協力を行っています。
問合わせ:0475-44-2514(電話受付:8:15〜17:15土日祝休み 社協日赤担当 池田 )

この日は、日赤奉仕団による小物づくり体験が行われました。

* * *

NPOホームヘルプこだま・デイサービスこだま

訪問介護、訪問型サービス(予防)、居宅介護(障害)を行っています。北山田にある古民家では、行き届いた暖かい介護を目指して行う小規模の通いデイサービスも行っています。
問合わせ:0475-44-2665
ホームページ:www13.plala.or.jp/npo-kodama/
こだまのスタッフの皆さん。この日は、ミニミニバザーコーナーやマーブリングで、マイフレーム作りなどを開催。

* * *

フォレスト睦沢

アロマテラピーをホームケア(家庭の薬箱)として、町民の健康(幸)維持に役立てたいと活動しています。病院へ行くほどではない、心身の不調を改善するアロマの使用方法を広めています。
問合わせ:080-6593-5651(藤原)
アロマテラピーを広める活動をしている皆さん。この日は、アロマスプレーやアロマリップを販売。

* * *

睦沢の課題と私たちの力はどう「つながる」?

午後は、参加者で意見交換会を開催。睦沢の課題と私たちの力はどう「つながる」と題して、グループに分かれてワークショップを行いました。
私が参加したグループでは、町民から出た困りごと「移動に関すること」について、現況確認や解決案などを出し合いました。

* * *

睦沢町役場 地域包括支援センター

高齢者の皆さんが、住みなれた地域でいつまでも健やかに生活していけるよう、介護・福祉・健康・医療などさまざまな面から総合的に支えます。
問合わせ:0475-44-2531
ホームページ:www.town.mutsuzawa.chiba.jp
役場の担当の皆さん。介護相談などお気軽にご相談ください。

* * *

睦沢町社会福祉協議会

社会福祉法に基づき、都道府県、指定都市、市町村に地域福祉を中核的にすすめるため設置された、公共性・公益性の高い社会福祉団体(社会福祉法人)です。 社協では、地域に暮らす皆様のほか、民生委員・児童委員、社会福祉施設等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加協力のもと、地域の人々が住み慣れたまちで安心して生活することのできる「誰もが 生きがいを持ち 支え合える まち」の実現をめざした様々な活動をおこなっています。 各種の福祉サービス、ボランティアの支援、共同募金運動への協力など、全国的な取り組みから地区の特性に応じた活動まで、様々な場面で地域福祉の増進に取り組んでいます。今回のイベントもそんな取り組みのひとつ。今後も継続的に開催します。
問合わせ:0475-44-2514
ホームページ:shakyo.mutsuzawa.net
今回のイベントを主催した、社協のスタッフの皆さん。この日は、うんめぇカレーやトマトも販売。
社協では、福祉車両の貸し出しも行っています。

【イベント主催】睦沢町社会福祉協議会 つながるイベント630
【次回イベント】ふくしマルシェ 2018年10月21日(日)むつざわ福祉交流センターにて開催予定。

* * *

今回は、睦沢町に、こんなにも多くの福祉事業所やボランティア団体があることを知って、とてもびっくりしました。参加された全ての皆さんを紹介しきれませんでした。小さな町の大きなパワーを感じた、そんな1日でした。

kazuko TOMOYORI

kazuko TOMOYORI
職業:プランナー/デザイナー/エディター

大阪府出身。食と住環境をデザインする会社、トランローグ・アソシエイツ(東京八丁堀)クリエイティブディレクター。睦沢町にあるサテライトオフィスと東京を行き来して、テレワークスタイルで仕事をしています。