むつざわだより

未来ラボメンバーが、むつざわで見つけた
面白いもの、楽しいことをお届けします。

サケの稚魚すくすく育ってます!!

サケの稚魚すくすく育ってます!!

2011年から始まって、今度で8回目となる「一宮川にサケの稚魚を放流する会」の放流事業。
放流した一宮川(鎮守川)に3年連続でサケが遡上したことが確認され、マスコミをはじめ各方面に取り上げられて盛り上がりを見せています。

この事業では、毎年サケのたまごから稚魚を育てて放流していて、今年も有志の方々でサケのたまごを育てて頂こうと、サケのたまごを配布し、今、放流に向けて飼育中です。

そのたまごがどうなっているのか、気になって取材してきました。

* * *

気軽に見に来てもらおうということで、一部のたまごは公開飼育されています。
睦沢町公民館には、大きな水槽とプラスティックの大きな容器2つの中で、サケの稚魚がたくさん泳いでいました。

取材に応じていただいた代表の松本さん曰く、今年は1万粒譲り受ける予定だったが、サケの不漁により七千粒しか譲ってもらえなかったとのこと。
そして驚いたのは、たまごは受精されていて目玉が出来上がってから譲り受けるので、稚魚に育てるのはそんなに失敗はないとのことでした。もちろん条件や設備がちゃんとしていればの話ですが、それを聞いて、来年は私も育ててみようかなぁと思いました。
今回はエアポンプと容器も貸し出しされていたようなので、稚魚の生育にはだいぶハードルが下がっているようです。

公民館の入り口には「ホッチャレくん」と名付けられた、サケの剥製が飾られています。

「ほっちゃれ」とは、北海道の方言で産卵を目指し川に登り体は傷つき、脂身も無くなりヨレヨレになった鮭のこと。食べてもあまり美味しくなく、捨てるしかないことから「ほっちゃれ」と呼ばれるようになったと言うことです。この「ホッチャレくん」はお腹の中に白子が残っていたので、産卵の大仕事は遂げられなかったようです。


これは、去年のサケ遡上の話を聞き、茂原の人形作家の方が、写真を元に作ってくださった、原寸大の布製のサケの人形です。
雄だけでは寂しいと雌のサケも作成してくださったとのこと。松本さんが子供達に是非見せたいと伝えたところ、運搬用の手提げも作ってくださったんだそうです。
多くの子どもたちに見ていただきたいですね。

* * *

サケが遡上する南限にしようと町をあげて取り組んでいるこの事業。命の大切さと故郷を大事にする気持ち、町おこしとしての一番基本的なところを担っているのではないでしょうか?
皆さんもぜひ公民館やこぢゃ倶楽部、社会福祉協議会に足を運んでみてください。
元気な稚魚たちに会えますよ!

そして、今年の稚魚放流は3月5日(月) 午前8時~12時
どなたでも参加できますので、こちらもぜひご参加ください。

お問い合わせ先:
一宮川(瑞沢川)にサケの稚魚を放流する会
松本さん 0475-44-2289

●こちらの記事もあわせてどうぞ。
サケの遡上が確認されました
サケの稚魚を放流しました!
「鮭の稚魚放流会」に行ってきました!
サケの遡上の季節がやってきました
瑞沢川で今年もサケが遡上
サケの卵を稚魚に育ててみませんか?

hiromi IIDUKA

hiromi IIDUKA
職業:一般社団法人Hiro Dance Troupe代表理事/ダンス教育指導士/コレオグラファー

宮城県出身。睦沢町を中心に学校教育の場でダンスの指導をしたり、近隣の市町村のイベントでパフォーマンスをしています。睦沢町健幸のまちづくり実行委員として、ウォーキングマップの制作や、ウォーキング大会のストレッチなども担当しています。