むつざわだより

未来ラボメンバーが、むつざわで見つけた
面白いもの、楽しいことをお届けします。

16年ぶりのお神輿に盛り上がった秋祭り

16年ぶりのお神輿に盛り上がった秋祭り

ちょっと前になりますが、9月18日に睦沢町大上地区で秋祭りが開催されました!

こちらのお祭り、16年ぶりにお神輿がでるということで大変な盛り上がりとなりました。
16年前までは、毎年のようにこのお祭りが開催されていて、大人神輿、子供神輿を担いで大上地区のあちこちをを担いで歩きました。ここ最近では神輿を担げる人が減り、しばらくの間は開催できずにいたのです。

そんな中、去年あたりから次のお祭りでは神輿を担ごう!と若い人たちの間でも声をかけ合って久しぶりに開催されることになりました。

当日の様子をご紹介します。

img_2383
まず、お神輿を担ぐ人は、12:00に熊野神社に集合。
このお祭りがきっかけで遠方から帰省している人や、久しぶりに顔を合わせる人などもいて、会話も盛り上がっていました。お祭りの素敵なところって、こういう縁をつなぐ、というところにもあるように思います。

こちらではこの日1日の無事を祈ってからお神輿を担ぎ始めました。

大上の祭り
熊野神社は急な階段があるので、大きくて重いお神輿を担いで下まで降りるのはなかなか大変です。慎重に大切に下まで降りていきました。

大上の祭り
大人神輿は大変重いのですが、子供神輿も子供たちにとってはなかなか重たいのです。みんなで力を合わせて担いでいましたよ。

大上の祭り
このお祭りでは、大上地区に何箇所もある集会場を巡りました。
食事や飲み物などを用意いただくのですが、場所ごとに用意されているものが異なり、その様子を見るのも楽しみのひとつなのです。食事以外ではさっぱりと食べられる梨やスイカ、アイスが人気です。

むつざわではお祭りのときに太巻き寿司を作られることが多いです。今回も多くの集会場に太巻き寿司が用意されていて、どれもとても素敵でしたが、バラの太巻き寿司が珍しかったですよ。

大上の祭り
ちなみに、こちらは叔母がお祭りが始まる前に出してくれた太巻き寿司です。
厚めに焼いた卵で巻いたものもおいしいのです。お祭りのときは、お祭りの場所だけではなく、家でもお祝いをする家庭が多いです。

私もお祭りに参加していた頃は、叔母が太巻き寿司を作ってくれるのが定番でしたので、とても懐かしく感じました。

大上の祭り
終わるころには外は真っ暗!お昼から夕方まで歩き続けました。
最後は大人神輿と子供神輿を熊野神社に納め、お祭りは終了しました。

今回のお祭りで大変印象的だったのは、お年寄りがとても嬉しそうだったことです。久しぶりに開催された様子をみて懐かしさを感じている方も多いようでした。

お祭りがあることで、人が集まり、コミュニケーションが生まれていきました。子供たちにとっても、この経験は貴重なものであり、何か今後の力付けになっていくのではないかな、なんて思っています。今後も大切にしていきたいものです。

yukari IGARASHI

yukari IGARASHI
職業:料理研究家/管理栄養士

千葉県睦沢町出身。「食を通して大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に、日々の暮らしに取り入れやすいレシピの提案や夫の五十嵐豪と夫婦料理研究家として、夫婦のコミュニケーション料理「週末夫婦ごはん」の提案をしています。